ミコトのばかばかしい日々

なんでだろう...ばかばかしいのに楽しい日々です^^

太田諭 ハングル・パーフェクトマスター 2ch スレ 口コミ

話を聞いて、「えっ、あり得ない」って思わず言ってしまった
太田諭さんの「ハングル・パーフェクトマスター」。

ハングルの「カタカナ読み」をしてしまうと、

通じない韓国語になる。

多くの教科書では、ハングルにカタカナ発音を表記していますが、
それに頼って学習を進めると、
「通じない韓国語」を習得してしまいます。

きちんとCDがついていて、正しい発音の指導をしている教科書を使わなければ、
「せっかく勉強したのに、話しても通じない…」
ということになってしまうのです。

ところであなたは、
「キムチ」「アンニョンハセヨ」を、
本当に韓国の人に通じるように発音できますか?

「『キムチ』なんて…通じるでしょ、普通。」と思うかもしれません。
私自身もそう思っていました。

私は発音を軽く考えて学習してしまい、
いざ韓国に行ったときに「キムチ、キムチ」と一生懸命言っても、
韓国の人はみな苦笑いを浮かべるだけでした。

「キムチ」すら通じないなんて…

とても大きなショックを受けました。

帰国後、友人の韓国人に聞いてみると、
「発音が汚くて、なにを言っているのかわからないよ」と言われました。

「単語さえ知っていれば大丈夫だろう」と甘く見て、
まったく発音に気を遣っていなかっただけで、
こんなにも通じないとは、夢にも思っていませんでした。

ハングルの発音を理解し、ていねいに発音するかしないかで、
あなたの韓国語には雲泥の差が出てきます。

それだけ、発音は大切なのです。っていうのは、
どうなの?事実なの?

2chで体験談とかあるのかな。

リアル口コミ・感想をチェック

ハングルの説明がていねいではなく、量も少ない。

反切り表は異常なほどわかりづらい。

本屋さんにある教科書を開くとわかりますが、
ハングルについて書かれているのは、ほんの4、5ページ。

そこには、記号のようなハングルが
少ないページ数にぎっしり書かれており、
しかも発音に関してはサラッとした説明のみ。
そして「反切り表」は、日本人の敵かと思うくらい、わかりづらいです。

あなたの「韓国語を勉強しよう!」という気持ちを、
一瞬で冷めさせてしまうのに十分です。

ほしくなっちゃったよ。
でも、ヤバい?!